トップページ名古屋おしえてダイヤル届出・証明>転入・転出市外へ転出(引越し)をするときの手続方法...

Q.市外へ転出(引越し)をするときの手続方法を知りたい。 【転入・転出届・引越し】

回答
■住民登録している区の区役所または支所で、転出届を提出してください。
≪転出手続について≫
○お持ちいただくもの
・窓口に来られる方のお名前が確認ができる書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
※ご本人確認に関する詳細は、関連FAQ「本人確認について知りたい」をご参照ください。
・通知カードまたはマイナンバーカード(国外へ転出する方のみ)
※国外へ転出する場合で、本人以外の方が来られる場合は、通知カードまたはマイナンバーカードの返納を委任する旨の委任状を併せてお持ちください。

○届出期間 :あらかじめ(転出の概ね2週間前から転出日が目安)

○届出窓口 :住所地の区役所市民課、支所 

○届出人  :本人又は世帯主又は代理人
       ※代理人の場合は、委任状が必要です。

○届出方法 :窓口にて直接又は郵送
 ※郵送での手続方法については、関連FAQ「転出届を郵送で行う場合」をご覧ください。

≪注意事項など≫
○転出届の手続きが終わりましたら転出証明書を交付します。新たにお住まいになる市区町村への転入届には転出証明書が必ず必要となります。転出証明書を紛失することのないよう保管してください。
○届出期間については、あらかじめに届出できず転出日以降に届出することになってしまっても届出可能ですので、速やかにお届出ください。
○「転出先不詳」のような転出先がまったく決まっていない場合は届出できません。少なくとも最小行政区がどこかが決まってから、お届出ください(例:転出先が「東京都以下不詳」では作成できませんが、「東京都港区以下不詳」であれば転出証明書を交付できます)。
●海外に1年以上行くときも、この届出をしてください。
●代理人での届出の場合、委任状が必要です。
●また、きちんと届書に以下の必要事項が記入できるよう異動者本人からこれらの事項を確認してきてもらった上で記入していただく必要があります。

○転出届に必要な事項
1 異動者全員の氏名・生年月日
2 新住所あるいは国名+マンション名があれば部屋番号まで
3 新住所の世帯主氏名
4 転出年月日
5 正確な旧住所(○番地か○番○号まで必要)
6 旧住所の世帯主氏名

≪その他の手続≫
●国民健康保険、後期高齢者医療、子ども医療、障害者医療、ひとり親家庭等医療、福祉給付金の対象の方は各区の保険年金課または支所区民福祉課保険係での手続があります。保険証・印鑑をお持ち下さい。
●介護保険に加入されている場合は、各区の福祉課での手続があります。
●児童手当受給者については各区の民生子ども課で手続があります。

≪問合せ先≫
【各区役所市民課住民記録係、各支所区民生活課市民係】


アンケート よくある質問と回答をより良いものにするためアンケートにご協力をお願いします。

   ■この回答は役に立ちましたか?

   ■ご意見・ご要望はこちらに記入してください。

ページの先頭へ戻る