トップページ名古屋おしえてダイヤル届出・証明>転入・転出転出届(市外へ転出する場合の届出)を郵送...

Q.転出届(市外へ転出する場合の届出)を郵送で行う場合の手続方法を知りたい。 【転入・転出届】

回答
≪郵送請求での申請方法≫ 
■転出証明書交付申請書を作成し、住民登録している区の区役所市民課または支所区民生活課へ郵送してください。
○必要事項を記入した転出証明書交付申請書(申請書については≪申請書の様式≫をご覧ください)
○返信用封筒(返信用切手を貼り、返送先をお書きいただいたもの)
○申請者の本人確認ができる書類(運転免許証、パスポート、健康保険証等) のコピー
※ご本人確認に関する詳細は、関連FAQ「本人確認について知りたい」をご参照ください。

■届出期間 :あらかじめ(転出の2週間前から転出日までが目安)

■届出窓口 :住所地の区役所市民課、支所区民生活課 

■届出人  :本人又は世帯主
※ただし、マイナンバーカードをお持ちの場合は、転出届(マイナンバーカードに利用による)ができますので、関連FAQ「転出届(マイナンバーカードに利用による)を郵送で行う場合」をご覧ください。

≪郵送請求の際の注意事項≫
○同封された返信用封筒に転出証明書を入れて返信します。その転出証明書を持って新たに住む市区町村へ転入届を提出していただくことになりますので、転入届を提出するまでは転出証明書を紛失することのないようご注意ください。
○返送先は、原則として請求者の転入予定地または住民登録のある住所になります。
※やむを得ない理由により上記以外を返送先とされる場合は、申請書に理由を記載の上、
返送先住所を疎明する資料を送付してください。

○お急ぎの場合は返信用封筒に貼付した82円切手に加えて、速達料金分の切手(280円分)を貼ってください。
○配達の関係で日数が掛かる場合がありますので、余裕を持って請求してください。

≪申請書の様式≫
■必要事項が記入されていれば別段様式は問いませんので、便箋等でも構いません。なお、各市区町村窓口にも郵送用の転出証明書交付申請書がありますので、その様式を使用していただいても構いません。(他市町村の様式をご使用いただいても結構です)

○申請書にご記入いただく必要事項
1 「転出証明書を請求します。」というタイトル
2 転出する方全員の氏名、生年月日、及び世帯主からみた続柄(本人、妻、子等)
3 旧住所(○番地か○番○号まで必要)とその住所での世帯主氏名
4 新住所(○番地か○番○号まで必要)とその住所での世帯主氏名
5 転出年月日(お引越しの年月日)
6 日中連絡の取れる電話番号(携帯電話でも可)
7 届出人の署名または記名・押印をしてください。

≪その他注意事項など≫
●届出期間については、あらかじめに届出できず転出日以降に届出することになってしまっても届出可能ですので、速やかに届出をしてください。
●海外に1年以上行くときも、この届出をしてください。
●電話による請求の受付はできません。

≪問合せ先≫
【各区役所市民課住民記録係、各支所区民生活課市民係】


アンケート よくある質問と回答をより良いものにするためアンケートにご協力をお願いします。

   ■この回答は役に立ちましたか?

   ■ご意見・ご要望はこちらに記入してください。

ページの先頭へ戻る