トップページ名古屋おしえてダイヤル環境>ごみ清掃工場におけるごみの処理方法について知...

Q.清掃工場におけるごみの処理方法について知りたい。 【ごみ処理施設】

回答
可燃ごみは猪子石工場・五条川工場・富田工場で焼却処理しているほか、鳴海工場・北名古屋工場で溶融処理を行っています。
 不燃・粗大ごみは、大江破砕工場・北名古屋工場で破砕処理を行っております。大江破砕工場では可燃物、不燃物、資源に分けるため破砕処理を行った後、可燃物は可燃ごみと同様、焼却工場等で焼却・溶融処理を行い、不燃物は、大部分を鳴海工場で可燃物や他工場の焼却灰とともに溶融処理を行います。北名古屋工場では破砕処理を行い、資源を取り出した後、溶融処理を行います。
 また、焼却灰の一部は民間施設で溶融処理等により資源化を行っています。
 溶融処理等をしない不燃物や焼却灰等は、愛岐処分場及び第二処分場等で埋立処分を行っています。

≪問合せ先≫
【環境局工場課】(電話 052-972-2384)


アンケート よくある質問と回答をより良いものにするためアンケートにご協力をお願いします。

   ■この回答は役に立ちましたか?

   ■ご意見・ご要望はこちらに記入してください。

ページの先頭へ戻る