トップページ名古屋おしえてダイヤル環境>環境保全建築物に使用されているアスベストについて...

Q.建築物に使用されているアスベストについて知りたい 【アスベスト(公害対策)】

回答
≪アスベストとは≫
天然の繊維状の鉱物で、石綿とも呼ばれています。
熱や摩擦に強く、丈夫で変化しにくいという性質を持っているため、建築物では、耐火、断熱、防音などの目的で、次のようなところに建築材料として利用されています。

■鉄骨造のビルでは(主に使用されている建材)
○鉄骨、はり、柱(吹付けアスベスト、耐火被覆板、アスベスト含有吹付けロックウール)
○天井、間仕切り壁(けい酸カルシウム板、石綿スレート)
○ボイラー(石綿含有断熱材)
○ダクト配管曲がり部(石綿含有保温材)

■一般の住宅では(主に使用されている建材)
○屋根(住宅屋根ふき用石綿スレート)
○外壁(石綿セメントサイディング)
○天井(けい酸カルシウム板)


≪問合せ先≫
■名古屋市アスベスト相談窓口 (電話 052-972-2674)
○相談内容を伺い、必要に応じて担当の部署をご案内します。
○具体的な相談については、関連リンク「アスベストについて相談したいときは(相談窓口一覧)」をご参照下さい。


アンケート よくある質問と回答をより良いものにするためアンケートにご協力をお願いします。

   ■この回答は役に立ちましたか?

   ■ご意見・ご要望はこちらに記入してください。

ページの先頭へ戻る