トップページ名古屋おしえてダイヤル市政>消費者保護・勤労者身に覚えのない代金請求が来た場合の対処方...

Q.身に覚えのない代金請求が来た場合の対処方法を知りたい。 【消費者相談】

回答
身に覚えのない代金の請求、架空請求が来た場合、突然の通知に慌てて、つい連絡してしまいがちですが、連絡は絶対しないことです。連絡をすれば、こちらの電話番号を知られてしまいます。心当たりのない架空請求は無視。相手にしないようにしましょう。


≪架空請求ホットダイヤル≫
〇月~土曜日 (祝休日・年末年始は除く)
 相談専用電話 052-222-9671
 受付時間   午前9時~午後4時15分

※相談は市内在住・在勤・在学の方が対象です。


≪問合せ先≫
【名古屋市消費生活センター】
〒460-0008 名古屋市中区栄一丁目23番13号
伏見ライフプラザ11階 
事務室(電話 052-222-9679) 相談(電話 052-222-9671) 
(ファックス052-222-9678)


アンケート よくある質問と回答をより良いものにするためアンケートにご協力をお願いします。

   ■この回答は役に立ちましたか?

   ■ご意見・ご要望はこちらに記入してください。

ページの先頭へ戻る