トップページ名古屋おしえてダイヤル健康・医療・衛生>医療子ども医療証が使えず、医療費助成を受ける...

Q.子ども医療証が使えず、医療費助成を受けることができなかった場合の払い戻しの方法を知りたい。 【子ども医療費助成】

回答
≪概要≫
愛知県外の病院などで受診したときや、子ども医療証を忘れた場合など、やむを得ない理由により医療証を提示できなかったときは、いったん医療機関の窓口で自己負担額を支払い、その後お住まいの区の区役所保険年金課保険係(または支所区民福祉課保険係)へ申請すれば、助成費が支払われます。

※保険診療の対象とならない費用(室料差額、健康診断、予防接種、文書料など)や入院時の食事負担(標準負担額)は払い戻しの対象外となります。

※名古屋市国民健康保険加入者又は愛知県後期高齢者医療(名古屋市)以外の方で、子ども医療証とともに健康保険証も提示できなかった(10割負担した)場合は、先に加入保険に申請をしてください。

■必要なもの
○子ども医療証
○子どもの健康保険証
○印鑑(スタンプ印を除く)
○対象者名義の預金通帳など、振込先の金融機関名・支店名・預金科目・口座番号・口座名義人が確認できるもの
○領収書(受診者名・診療月または診察日・医療保険対象総点数・受領額・発行日・領収者が記載され領収印のあるもの)、または「医療等の状況」(用紙は区役所・支所の窓口でお渡ししますので、病院などで証明を受けてください)

※名古屋市国民健康保険加入者又は愛知県後期高齢者医療(名古屋市)以外の方で、健康保険を使わず10割負担した場合、または、高額療養費に該当する場合は、上記の他に加入保険から発行された支給決定通知書などが必要となります。

≪医師の指示により、治療用装具(コルセットなど)を購入したとき≫
治療用装具(コルセットなど)を購入した場合は、支払った金額から、ご加入の健康保険からの支給分(支給基準あり)を除いた額を支給します。

※名古屋市国民健康保険加入者又は愛知県後期高齢者医療(名古屋市)以外の方は、先に加入保険に対し申請をしてください。

■必要なもの
○子ども医療証
○子どもの健康保険証
○印鑑(スタンプ印を除く)
○対象者名義の預金通帳など、振込先の金融機関名・支店名・預金科目・口座番号・口座名義人が確認できるもの
○装具が必要であると認めた医師の意見書の写し
○業者の領収書の写し
〇装具の写真(靴型装具の場合)
○保険給付額が確認できる支給決定通知書など(名古屋市国民健康保険加入者又は愛知県後期高齢者医療(名古屋市)以外の方)

※名古屋市国民健康保険加入者又は愛知県後期高齢者医療(名古屋市)以外の方で、高額療養費に該当する場合は、上記の他に支給決定通知書などが必要となります。

≪提出先≫
お住まいの区の区役所保険年金課保険係(または支所区民福祉課保険係)

≪提出期限≫
医療機関などの窓口で支払った日の翌日から5年以内

≪問合せ先≫
所管:健康福祉局医療福祉課福祉医療係(電話052-972-2574)
窓口:各区役所保険年金課保険係(または支所区民福祉課保険係)


アンケート よくある質問と回答をより良いものにするためアンケートにご協力をお願いします。

   ■この回答は役に立ちましたか?

   ■ご意見・ご要望はこちらに記入してください。

ページの先頭へ戻る