トップページ名古屋おしえてダイヤル健康・医療・衛生>医療子ども医療費助成制度について知りたい 【...

Q.子ども医療費助成制度について知りたい 【子ども医療費助成】

回答
■制度の趣旨
 名古屋市では、子どもが安心して病院などで受診できるよう、医療費の助成をしています。

■助成の内容は以下のとおりです。
○愛知県内の病院などにかかったときに子ども医療証を提示していただきますと、保険診療の自己負担額を名古屋市が負担しますので、無料で受診することができます。(15歳~18歳までの対象となる方は入院のみ。)
○愛知県外の病院にかかったときや、医療証を提示せずに受診したときは、いったん全額自己負担となりますが、後日申請をすると、自己負担をした医療費が助成されます。
○医師の指示により、治療用装具(コルセットなど)を購入した場合、加入保険から給付を受けた残りの自己負担額を助成しています。
○入院時の差額ベッド代、健康診断、予防接種、文書料など保険診療の対象とならない費用や入院時の食費負担(標準負担額)は助成されません。
○高額療養費・家族療養付加金等の支給が加入保険からある場合は、その額を助成額から除外します。

■子ども医療費助成の対象者は以下のいずれも満たすお子さんを保護し生計費を主に負担している方です。
○名古屋市内にお住まいであること
○18歳までの年齢(18歳に到達する日以降の最初の3月31日まで)であること
○健康保険に加入していること
 ※保護者の方の所得制限はありません。

■以下の方は対象になりません。
○生活保護を受給している方
○他の法令等による給付があることで、医療費の自己負担が発生しない方
○児童福祉施設等に措置入所している方
○障害者医療、又は、ひとり親家庭等医療の対象となる方

■子ども医療費助成制度を利用いただくには
お子さんの健康保険証をご用意いただいたうえで、お住まいの区の区役所保険年金課保険係(又は支所区民福祉課保険係)へ申請してください。要件を満たす方には医療証をお渡しします。

■医療証の有効期限
○就学前・・・小学校に入学する前の年度の3月31日
○小学1年生~6年生・・・小学校を卒業する年度の3月31日
○中学1年生~3年生・・・中学校を卒業する年度の3月31日
○中学卒業~18歳・・・18歳に到達した年度の3月31日(入院のみ)

■医療証の更新
○小学校及び中学校入学前の年度末
小学校及び中学校入学後も引き続き助成資格のある方には、有効期限が延長された医療証が送付されますので、あらためて申請の必要はありません。
○中学校卒業する年度末喪失のお知らせの通知を送付します。引き続き入院の予定等ある方はあらためて申請が必要です。

■次の場合は、子ども医療費助成の資格が喪失しますので、医療証を区役所保険年金課保険係(又は支所区民福祉課保険係)へ返却してください。
○名古屋市外に転出されるとき
○健康保険の資格がなくなったとき
○生活保護を受けるようになったとき
○児童福祉施設等に入所したとき
(他の法令等の給付により、医療費の自己負担が発生しなくなったとき)

≪問合せ先≫
所管:健康福祉局医療福祉課福祉医療係(電話052-972-2574)
窓口:各区役所保険年金課保険係(または支所区民福祉課保険係)
関連FAQ


アンケート よくある質問と回答をより良いものにするためアンケートにご協力をお願いします。

   ■この回答は役に立ちましたか?

   ■ご意見・ご要望はこちらに記入してください。

ページの先頭へ戻る