キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.路上に野鳥の死骸があるので回収してほしい(鳥インフルエンザのおそれがあるのではないか)。

A.ご回答内容

死亡した鳥にはなるべく直接接触しないようにし、万一接触したようなときは、手洗いとうがいを行ってください。

死亡野鳥を見かけても、すべてが鳥インフルエンザによるものとは限りません。けがや寒さ、栄養不良などで死ぬこともよくあります。

死亡野鳥を検査するかどうかは、鳥インフルエンザの発生状況等により変化しますが、まずは次のようにご対応ください。

①水鳥・猛きん類でない野鳥(カラス、ハト、ムクドリなど)が1~4羽死んでいる場合
⇒鳥インフルエンザを疑いませんので、野鳥以外の死骸回収と同様にご対応ください(関連リンク参照)。

②水鳥・猛きん類が1羽以上死んでいる場合や、水鳥・猛きん類でない野鳥(カラス、ハト、ムクドリなど)が5羽以上まとまって死んでいる場合
⇒鳥インフルエンザを疑う場合がございますので、都市農業課まで状況をご連絡ください。(土曜日、日曜日、祝日、年末年始など休日については、各区の土木事務所にご連絡ください。そこから休日夜間緊急センターに転送されます。)

※水鳥……ガン、カモの類などで、指の間に水かきを持つ。
※猛きん類……肉食のワシ、タカ、フクロウの類で、鋭い爪とくちばしを持つ。

≪問合せ先≫
緑政土木局都市農業課(電話 052-972-2499)

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
その他  >  動物・ペット  >  野生動物(野鳥)
FAQ ID
2978
更新日
2020年12月23日 (水)
アクセス数
1,659
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿