キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.昭和50~52年生まれの人たちのポリオの免疫が他の年齢層と比べて低いとされていますが、どのようにすべきですか。(子どもの予防接種) 【予防接種】

A.ご回答内容

■昭和50年から52年に生まれた人は、ポリオの免疫を持っている人の割合が、他の年齢層の人に比べて低いことが厚生労働省の調査でわかっています。

日本にいる限りは野生型のポリオウイルスの感染を受ける心配はないでしょうが、ポリオ常在国に渡航する時やお子様がポリオワクチンの接種を受ける場合には念のため同じ時期に下記の医療機関で、ポリオワクチンの予防接種を追加で受けることをお勧めします。

なお、この場合の接種は、任意接種となりますので自費となります。


○追加接種の時期
 ポリオ常在国(インドなどアジア、アフリカ)へ渡航する時
 お子様がポリオの予防接種を受ける時

○追加接種の方法
 子どもの時に2回のポリオ予防接種を受けていれば、追加接種は1回で十分です。
 (すでに十分な免疫を持っている人が追加接種を行っても副反応の発生率は変わりません)

○追加接種実施場所
名古屋市立東部医療センター 小児科外来  電話 052-721-7171(代)
名鉄病院 予防接種センター  電話 052-551-6126(代)
※接種は事前に予約が必要です。

≪問合せ先≫
【各区保健所保健予防課保健感染症係】

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
健康・医療・衛生  >  医療  >  予防接種
FAQ ID
1509
更新日
2020年12月23日 (水)
アクセス数
58
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿