キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.後期高齢者医療制度において入院時の食事療養及び生活療養に係る標準負担額が減額される対象者、手続きなどを知りたい。 【高齢者医療】

A.ご回答内容

≪概要≫
●市民税課税世帯の方
食事療養標準負担額:1食につき460円
生活療養標準負担額:居住費1日につき370円+1食につき460円(一部の医療機関では420円)
市民税非課税世帯の方が、申請により「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受け、医療機関の窓口で提示すると、入院時の食事療養標準負担額及び生活療養標準負担額が減額され、以下のようになります。
●区分Ⅱ(※1)の方
 食事療養標準負担額:1食につき210円
 生活療養標準負担額:居住費1日につき370円(※4)+1食につき210円
●区分Ⅰ(※2)の方
 食事療養標準負担額:1食につき100円
 生活療養標準負担額:居住費1日につき370円(※4)+1食につき130円
●区分Ⅰ(老齢福祉年金)(※3)の方
 食事療養標準負担額:1食につき100円
 生活療養標準負担額:居住費1日につき0円+1食につき100円
※1 区分Ⅱ=世帯全員が市民税非課税世帯の方で区分Ⅰに該当しない方。
入院日数が90日を超えた場合は、91日目以降は申請により食事療養標準負担額が1食につき160円になります。
※2 区分Ⅰ=世帯全員が市民税非課税世帯の方で世帯全員の所得が0円になる方。
※3 区分Ⅰ(老齢福祉年金)=市民税非課税世帯に属する老齢福祉年金受給中の方。
※4 指定難病患者の方は1日につき0円になります。
≪対象者≫
 市民税非課税世帯の方
≪その他≫
 市民税課税世帯の方でも、指定難病患者の方、または平成27年4月1日から平成28年4月1日まで精神病棟に入院しており引き続き入院中の方については、食事療養標準負担額が1食につき260円になります。
≪問合せ先≫
お住まいの区の区役所保険年金課または支所区民福祉課

関連するURL

属性情報

人生の出来事
引越し / 老後
分類
健康・医療・衛生  >  医療  >  高齢者医療
FAQ ID
1616
更新日
2020年12月23日 (水)
アクセス数
120
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿