キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.市内の公園にはどのような噴水や彫刻があるのか。 【公園施設】

A.ご回答内容

代表的なものとして以下のものがあります。

■鶴舞公園内「噴水塔」
明治43年に鶴舞公園で開催された第10回関西府県連合共進会の会場正面につくられ(設計者は奏楽堂と同じ鈴木禎次工学士)、その後、公園のシンボルとして永く市民に親しまれてきたものです。地下鉄鶴舞線の建設工事に伴い昭和48年に解体されましたが、同52年に築造当初の姿に忠実に復元されました。この噴水塔は、大理石の円柱に岩組みを配した和洋折衷の明治調をよく表現し、全体としてはローマ様式の変化のある豊かな水影を形づくっています。

■鶴舞公園内「踊り子」「ベアトリーチェ」
古い歴史を持つ鶴舞公園には、花に囲まれた美しいブロンズ像が2作品あります。西洋式庭園中央のヴェナンツォ・クロチェッティ作「踊り子」は、彫刻設置事業の第1号作品。バラ園のフランチェスコ・メッシーナ作「ベアトリーチェ」は、バラの精を思わせる愛らしい少女像です。

■白川公園内「虹の舞・白川」
昭和37年に設置された噴水を平成3年に改修し、水姿・照明により斬新な演出がされるようになりました。愛称「虹の舞・白川」は、「水姿がまうように変化し、昼は太陽の光の虹ができ、夜は照明により虹を演出している」イメージから、一般公募により決められました。

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
観光・文化・施設  >  公園  >  公園施設
FAQ ID
175
更新日
2020年12月23日 (水)
アクセス数
309
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿