キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.市民税・県民税と所得税の違いについて知りたい 【市民税】

A.ご回答内容

○現年所得課税と前年所得課税
 所得税はある年の所得に対して、その年に課税されますが、市民税・県民税は、ある年の所得に対して、翌年度に課税されます。

○均等割の有無
 市民税・県民税は均等割と所得割からなっていますが、所得税には均等割はありません。

○申告範囲の違い
●所得税
 次の場合など、申告をしないことができる場合があります。
 ・給与所得者で、給与所得以外の所得が20万円以下である場合
 ・公的年金受給者で、公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、公的年金等に係る所得以外の所得金額が20万円以下である場合
●市民税・県民税
 市民税・県民税には、所得税のような申告の省略範囲はありません。
 (原則として、すべての所得を申告する必要があります。)

○控除額の違い
 各種の控除額が異なります。

○総合課税の税率
●所得税
 所得税は、課税される所得金額に応じて、5%から45%までの累進税率です。
(復興特別所得税として所得税額に2.1%を乗じた税額が加算されます。)
●市民税・県民税
 市民税・県民税は、課税される所得金額にかかわらず、市民税7.7%、県民税2%の税率です。

○納付の方法(給与所得者の場合)
●所得税
 1月から12月までの毎月の給与及び賞与から差し引いて納付(源泉徴収)することとなります。
 (年末調整で年税額を精算します。)
●市民税・県民税
 6月から翌年5月までの毎月の給与から税額を差し引いて納付(特別徴収)することとなります。
 (賞与からは徴収しません。また、年末調整はありません。)

≪お問い合わせ先≫
●市民税・県民税
 住所のある区を担当する市税事務所個人市民税第一係または個人市民税第二係
●所得税
 お住まいの区を管轄する税務署

属性情報

人生の出来事
働く
分類
  >  市民税  >  市民税
FAQ ID
1805
更新日
2021年04月26日 (月)
アクセス数
512
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿