キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.家屋の取り壊し、増築・改築、用途変更や土地の利用状況に変更があった場合、どうすればいいのか知りたい。 【固定資産税】

A.ご回答内容

≪制度の説明≫
 
 固定資産税は、毎年1月1日現在の固定資産の状況に応じて課税されます。
 建物の取り壊しや新築・増築・改築を行った際には、年内に固定資産が所在する区を担当する市税事務所固定資産税課へお知らせください。    
 また、住宅の敷地には税負担を軽減する特例制度が適用されます。事務所や店舗を改装して住宅に使用する場合や住宅を住宅以外に使用する場合など、建物の利用状況に変更があったときや、住宅の敷地の一部を貸駐車場などにする場合など、土地の利用状況に変更があったときには、固定資産が所在する区を担当する市税事務所固定資産税課へお知らせください。

≪お問い合わせ先≫
【固定資産が所在する区を担当する市税事務所固定資産税課土地調査係・家屋係】

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
  >  固定資産税  >  固定資産税
FAQ ID
1860
更新日
2021年04月01日 (木)
アクセス数
66
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿