キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.野良猫対策について知りたい。 【イヌ・ネコ】

A.ご回答内容

野良猫は、もともと飼猫であったものが捨てられ、増えたりしたものです。野良猫などによる被害を減少させるためには、野良猫を増やさない対策が不可欠であるため、飼えなくなった猫の引き取り、捨てられた子猫の保護収容、避妊・去勢手術費用の補助などを行っています。
 また、室内で飼育すること、身元を表示しておくこと(名札やマイクロチップ等)、避妊去勢手術を行うこと、生涯にわたって飼育すること等について、飼主への啓発に努めています。
 飼主のいない猫にエサを与えている方々に対しては、その行為が周囲に与える影響についての自覚を持ち、食べ残しや食べこぼしを片付けること、排せつ物を片付けること等について、保健センターが指導しています。

地域の皆さんの理解のもとに、市民の方々が、ボランティアとして、飼い主のいない猫を地域で管理する、いわゆる「地域猫活動」を、名古屋市では、「なごやかキャットサポーター活動」と呼び、避妊去勢手術費用の補助など活動を支援しています。

猫でお困りの方には、猫の忌避方法などについて説明しますので、保健センターへお問い合わせください。

■罰則について
 動物を遺棄した者は、100万円以下の罰金に処せられることがあります。

≪窓口・問合せ先≫
 各区の保健センター

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
その他  >  動物・ペット  >  イヌ・ネコ
FAQ ID
2003
更新日
2020年12月23日 (水)
アクセス数
30
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿