キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.国民健康保険の保険料について知りたい。 【国民健康保険】

A.ご回答内容

≪対象者≫
年間の国民健康保険料は、世帯ごとに算定され、医療分・支援金分・介護分それぞれの均等割額(被保険者数に応じて計算)と所得割額(所得に応じて計算)を合算した額を国民健康保険料として、世帯主の方にお支払いしていただきます。介護分は40歳から64歳の方(介護保険第2号被保険者)にのみかかる保険料です。

令和3年度の世帯の年間保険料額(本算定)は以下のように計算します。

■保険料額=医療分合計+支援金分合計+介護分合計(介護分のかからない世帯は医療分合計+支援金分合計のみです。)
 ※保険料額は10円未満を切り捨てます。

○医療分  医療分合計=医療分均等割額+医療分所得割額
 ※医療分の最高限度額は65万円です。
 ●医療分均等割額=1人当り医療分均等割額×被保険者数
 ●医療分所得割額=被保険者全員の(所得-市県民税の基礎控除額-独自控除額)の合算額×所得割料率

○支援金分  支援金分合計=支援金分均等割額+支援金分所得割額
 ※支援金分の最高限度額は20万円です。
 ●支援金分均等割額=1人当り支援金分均等割額×被保険者数
 ●支援金分所得割額=被保険者全員の(所得-市県民税の基礎控除額-独自控除額)の合算額×所得割料率

○介護分(40歳から64歳の方にのみかかります。)  介護分合計=介護分均等割額+介護分所得割額
 ※介護分の最高限度額は17万円です。
●介護分均等割額=1人当り介護分均等割額×40歳から64歳の被保険者数
●介護分所得割額=40歳から64歳の被保険者全員の(所得-市県民税の基礎控除額-独自控除額)の合算額×所得割料率

なお、令和3年度の均等割額と所得割の料率は令和3年6月に決定します。

≪注意事項≫
・所得とは、退職所得を除いたすべての所得を合計した金額となります。給与の場合は、「給与所得控除後の金額」(給与収入-給与所得控除額)、年金の場合は「公的年金等の雑所得」(公的年金等収入額-公的年金等控除額)が所得になります。
・「独自控除額」は下記のア~ウの合算額となります。
ア:扶養家族(市県民税の申告における同一生計配偶者・扶養親族(16歳未満の扶養親族も含みます。ただし、イに該当する方を除きます。))がいる場合は、扶養家族1人につき33万円が控除されます。配偶者特別控除の対象となる方は控除されません。
イ:扶養家族が障害者控除の対象の場合は、1人につき86万円が控除されます。
ウ:本人が障害者控除・ひとり親・寡婦控除を申告している場合は、92万円が控除されます。
・基礎控除額は合計所得に応じて0~43万円の額となります。
・「所得-基礎控除額-独自控除額」の算定の結果、マイナスとなる場合は0円となります。(被保険者間での通算は行いません。)
・国民健康保険料は6月に決まります。4月と5月の保険料額は、「前年度のひと月あたりの平均保険料額」(暫定賦課)となります。

≪問合せ先≫
お住まいの区の【区役所保険年金課保険係】または【支所区民福祉課保険係】へお問い合わせください。

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
健康・医療・衛生  >  健康保険  >  国民健康保険
FAQ ID
2781
更新日
2022年06月15日 (水)
アクセス数
608
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿