キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.敬老パスの制度変更について知りたい。≪対象交通拡大≫【敬老手帳・敬老パス】

A.ご回答内容

Q1:新たに敬老パスが利用できる交通機関は。
A:令和4年2月1日より新たに名鉄、近鉄、JR東海の鉄道の市内運行区間及び名鉄バス、三重交通の路線バスの原則市内運行区間で敬老パスがご利用いただけます。
・乗車できるのは、市内の駅で乗車して、市内の駅で降車した場合のみとなります。
・名鉄バスの市外の停留所のうち、次の区間は名古屋市営バスとの重複運行区間のため、特例として敬老パスの対象となります。
・諸ノ木(市内)~藤田医科大学病院
・稲葉地町(市内)~大治西条

Q2:名鉄バスと三重交通バス以外にも市内を運行するバスはあると思うが、利用できないのか。
A:今回、拡大の対象としたのは、高齢者の日々の暮らしの足となる路線バスです。
・名古屋市内で路線バスを運行するのは名鉄バスと三重交通の2社となります。
・JRバスなどの長距離高速バスや自治体が運営主体のコニュニティバス(例えば豊山タウンバス)は路線バスとは異なりますので対象外としました。

Q3:名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通での敬老パスの利用方法は。
A:いったんご自身の負担で敬老パスにチャージしたお金で乗車していただき、後日、乗車履歴を名古屋市が交通事業者から取得したデータで確認した上でお客者様に運賃をお返しするという利用方法となります。
 現在ご利用可能な地下鉄や市バス、あおなみ線などとは利用方法が異なりますのでご注意ください。
・鉄道を利用の際は必ず自動改札機をご利用ください。(有人改札から出場した場合は適用にならない。)

Q4:チャージとは何か。
A:敬老パスやマナカに事前に入金することをチャージといいます。
・敬老パスにチャージした現金は、電子マネーとして交通機関の乗車にご利用いただけるほか、コンビニやスーパーなどでのお買い物や飲食店でも使えます。

Q5:チャージはどこでできるのか。
A:駅の券売機や改札内のチャージ機、コンビニ、市バス車内でできます。

Q6:名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通で切符を購入して乗車した場合は対象となるか。
A:名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通については、敬老パスにチャージした電子マネーで乗車することが条件となります。
・切符を購入して乗車した場合、交通事業者から取得するデータ上でその乗車履歴を確認することができないため、運賃をお返しすることができません。
・改札を出る際に、チャージの残高不足となった場合は、必ず改札内のチャージ機でチャージを行った上で、自動改札機を通って出場してください。
 →有人改札で精算した場合は、運賃をお返しすることができません。

Q7:名鉄、近鉄、JR東海の鉄道及び名鉄バス、三重交通の路線バスで敬老パスが利用できる範囲は。
A:鉄道の場合、市内の駅で乗車し、市内の駅で降車することが条件となります。
・乗車駅又は降車駅のいずれかが市外の駅だった場合は、対象外となります。
・例えば名鉄の神宮前駅から名古屋駅まで乗車した場合、乗車駅と降車駅が共に市内の駅となりますので、敬老パスの対象となり、その運賃230円を後日ご利用者様にお返しします。
・しかし、神宮前駅から名鉄一宮駅まで乗車した場合は、降車駅が市外の駅ですので敬老パスの対象外となります。この場合は、市内区間を含め全額お返しいたしませんのでご注意ください。
・路線バスの場合、原則として、市内の停留所で乗車し、市内の停留所で降車することが条件となります。なお、名鉄バスの市外の停留所のうち、次の区間は名古屋市営バスとの重複運行区間のため、特例として敬老パスの対象となります。
・諸ノ木(市内)~藤田医科大学病院
・稲葉地町(市内)~大治西条

Q8:市外であっても多くの名古屋市民が利用する駅があるのに、なぜ敬老パスは市内に限るのか。
A:敬老パス制度については従来より、高齢者の社会参加の支援にあたり、市域内での移動を対象として制度を運用してきましたので、今回の拡大においても、市域内における民間鉄道の利用を対象としています。
・対象を市外の駅にも広げてしまうと事業費が予算上限額を超えてしまう可能性が高く、事業を安定的に継続するためにも対象を市内駅での乗降車した場合に限定させていただきました。

Q9:名鉄、近鉄、JR東海の駅及び名鉄バス、三重交通の停留所のうちどこまでが範囲なのか、具体的な駅名を知りたい。
A:お客様の次回の期限更新のタイミングで、敬老パスの制度変更のお知らせに関するパンフレットを同封します。
・そのパンフレットの中に名鉄、近鉄、JR東海の対象駅一覧及び名鉄バス、三重交通の対象停留所の一部を掲載しておりますのでご確認ください。

Q10:城北線は利用できるのか。
A:城北線ではマナカなどのICカードが利用できませんので、敬老パスもご利用いただけません。

Q11:下小田井駅が対象外となっているのはなぜか。
A:今回新たに敬老パスが適用となる名鉄、近鉄、JR東海については、乗降車ともに市内の駅であることが条件となります。
・名鉄下小田井駅は所在地が清須市ですので、市外駅のため敬老パスの対象駅からは除外いたしました。
・下小田井駅を通過して、市内の駅で乗降車した場合は対象となります。

Q12:築港線は利用できるのか。
A:令和4年2月からはご利用いただけます。

Q13:名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通を利用した分の運賃はどのように返してもらえるのか。何か手続きは必要か。
A:あらかじめ口座登録をしていただい方については、特にお手続きは必要ありません。
・名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通の敬老パス対象区間を利用された分の運賃を2か月単位でまとめてご登録いただいた口座に振り込みます。
・振込口座、支給日、支給金額とその明細は、毎回事前に通知を郵送しますので必ずご確認ください。
・口座登録をしていただけない方は、毎回お住いの区の区役所でお渡しすることになります。支給日の日程調整が毎回必要となりますのでご承知おきください。

Q14:臨時乗車証で名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通は利用できるのか。
A:敬老パスが名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通でも利用可能になるのは令和4年2月からでございますのでお間違えのないようご協力をお願いします。
・なお、臨時乗車証は現在も令和4年2月以降も名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通を利用することはできません。

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
福祉  >  高齢者・介護保険  >  敬老手帳・敬老パス
FAQ ID
3402
更新日
2021年08月10日 (火)
アクセス数
195
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿