キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.敬老パスの制度変更について知りたい。≪利用上限設定≫【敬老手帳・敬老パス】

A.ご回答内容

Q1:なぜ利用上限回数を設定するのか。
A:現在、敬老パス制度は年間約140億円の費用がかかっています。
・今回同時に開始する名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通への対象交通拡大を実施するためにはさらに9億円の費用が必要となるため、制度を維持するためにはその9億円の財源を確保しなければなりません。
・利用上限回数設定はその財源確保策です。
・これによってこれまでの制度で課題となっていた地域ごと、個人ごとの利用の差を解消し、敬老パスがより多くの方にとって使いやすく、公平で持続可能な制度にすることができると考えています。

Q2:なぜ730回なのか。
A:利用上限の設定にあたっては、名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通への対象交通拡大にかかる9億円を確保した上で、なるべく多くご利用者様がこれまでどおり敬老パスをご利用いただけるよう様々な検討をおこなった結果730回に設定することになりました。
・現行の敬老パスご利用者様のうち94%は年間利用回数が730回未満の状況です。
 上限回数を730回に設定したとしても9割以上31万人の方はこれまでどおりご利用いただくことができ、さらに名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通まで利用できるようになります。
・また、730回という回数は、ご利用者様とっても片道1回、1往復が365日ご利用可能でわかりやい回数だと考えています。

Q3:利用上限設定を行うことは制度の改悪ではないか。
A:敬老パス制度は、限られた予算の中で、最大限高齢者の社会支援を支援することが目的であって、高齢者の方々の移動を保障する事業ではありません。
・名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通でも敬老パスが使えるようになることで、新たに利用者が約1万人増加すると見込んでおり、これまで敬老パスを使いたくても使えなかった方の社会参加を支援することができます。
・また、現在の利用者にとっても敬老パスがさらに便利になるだけでなく、9割以上、31万人の方はこれまでどおり敬老パスをご利用いただけます。
・確かに現在年間730回以上敬老パスをご利用いただいている一部6%のご利用者様にとってはご不便をおかけすることにはなりますが、制度全体としては間違いなく大きな改善である考えています。

Q4:通院、仕事、ボランティア活動に敬老パスを利用しているのに、730回では足らない。
A:敬老パス制度は、限られた予算の中で、最大限高齢者の社会支援を支援することが目的であって、高齢者の方々の移動を保障する事業ではありません。
・敬老パスの対象交通を拡大し、より多くの高齢者の方に使っていただくために、有効期間内の利用回数の上限を730回とすることは市民の代表である議会からも承認され、市としてすでに決定した事項でございますのでご理解ください。

【通勤に使っているから足らないとのいう方への回答】
・敬老パスの利用目的はご利用者様ごとに様々だと思いますので、通勤に使っていただいても結構ですが、今回敬老パスの利用上限設定を行うことで通勤費用が新たに必要となることにつきましては、ご利用者様と雇用主の方とで解決していただく問題であると認識しています。

Q5:名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通を利用しないので回数制限をやめてほしい。
A:令和4年2月1日からの対象交通拡大と利用上限回数の設定は全てのご利用者様が対象となりますのでご了承ください。

Q6:利用回数を数えるのはいつからか。
A:敬老パスをご利用中の方は、全員令和4年2月1日から利用回数のカウントが始まります。
・初回は令和4年2月1日からお客様の有効期限までが回数の集計期間になります。
・それ以降は、期限更新後の有効期間(1年間)が回数集計期間となります。

Q7:利用回数を超えるとどうなるのか。
A:730回に到達したらすぐに利用できなくなるわけではございません。

・730回に到達した日から約1週間後にお客様あてに、730日に到達したことのお知らせや利用停止日を掲載した通知をお送りします。
・通知から約1週間後(730回に到達した日から約2週間後)が利用停止日となり、残りの有効期間は敬老パスでの乗車ができなくなります。
 ※ 730回到達日から利用停止日までの約2週間は通常通り敬老パスをご利用 いただけます。(730回を超えても約2週間は利用できるということ)
・利用停止となった方は停止中期限更新もできなくなります。この場合、期限更新ができるのは利用停止期間が終わったあと、すなわち有効期限の翌日からとなります。

Q8:730回を超えてから敬老パスで交通機関を乗ろうとするどうなるのか。
A:利用停止期間中、市バス、地下鉄、あおなみ線、ゆとりーとラインは敬老パスでの無料乗車ができなくなるだけでなく、カードにチャージした電子マネーでの利用もできなくなります。
・名鉄、近鉄、JR東海及び名鉄バス、三重交通についてはチャージした電子マネーで利用することはできますが、利用停止期間中に乗車した分の運賃を名古屋市からお返しはいたしません。
・チャージした電子マネーをコンビニやスーパー、飲食店などでご利用いただくことはできます。

Q9
・730回使ったら期限更新をして回数をリセットすることは可能か。
A:利用停止期間中は期限更新をしていただくことはできません。

・利用停止期間中に期限更新することはできるか。
A:利用停止となった方は、利用停止期間が終わったあと、すなわち有効期限の翌日以降に期限更新を行っていただくことになります。

Q10:利用回数の数えかたを教えてほしい。
A:利用回数の数えかたは交通機関ごとに異なります。

【市バス、メーグル、ゆとりーとライン】
・バスに乗車するごとに1回と数えます。

【地下鉄、あおなみ線】
・乗車する駅で改札に入ってから、降車駅で改札を出るまでを1回と数えます。
・改札を出ない乗り換え(例えば東山線から名城線)は何度でも可能

【名鉄、近鉄、JR東海の鉄道及び名鉄バス、三重交通の路線バス】
・基本的な数え方は地下鉄、あおなみ線と同じだが、回数を数えるのは敬老パスが適用される乗車のみ(鉄道の場合は乗車駅、降車駅がともに市内の駅の場合 路線バスの場合は原則として、乗車停留所、降車停留所が市内の場合)
・名鉄に関しては数え方がわかりづらい路線もあるので、詳しくは期限更新の際に送られてるパンフレットをご確認ください。

Q11:利用回数はどのように知らせてもらえるのか。
A:利用回数は敬老パスコールセンターでお答えすることができます。
・また、有効期間の終了ごとにその間何回ご利用いただいたかを郵送でお知らせしますので参考にしてください。
・さらに有効期間内の利用回数が730回に到達する可能性のある方についてはその100回前の630回に到達した時点でお知らせをお送りします。
・730回に到達した方には、730日に到達したことのお知らせや利用停止日を掲載した通知をお送りします。730回に到達した方もすぐに利用できなくなるわけではありませんのでご安心ください。

Q12:現行の制度で自分が年間どれくらい乗っているのかを知りたい。
A:現行の敬老パス制度においては個人を特定するかたちでの利用回数の集計は行っておりません。

Q13:万が一カードを紛失して再発行した場合、利用回数はどうなるのか。
A:敬老パスを再発行した場合でも利用回数は引き継がれます。

Q14:臨時乗車証で乗車した分も回数に含まれるのか。
A:臨時乗車証の取扱いについては現在検討中ですのでお答えすることはできません。

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
福祉  >  高齢者・介護保険  >  敬老手帳・敬老パス
FAQ ID
3403
更新日
2021年08月10日 (火)
アクセス数
413
満足度
☆☆
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿