キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.消防設備士の資格を取るには、どうしたらいいのですか。 【消防その他】

A.ご回答内容

■消防用設備等の設置工事・点検等を行うには、消防設備士の資格が必要です。
■消防設備士には、工事を行うことができる「甲種」、整備のみ行うことができる「乙種」があり、それぞれ行うことができる消防用設備等により、甲種には1類から5類、乙種には1類から7類までの区分があります。

≪資格を取るには≫
■国家資格である消防設備士の資格を取るには、各都道府県が行う試験に合格し、免状の交付を受ける必要があります。
■甲種には受験要件として、工業系の学科・課程の履修又は消防用設備等に関する実務経験が必要です。

≪受験の申請≫
試験は、一般財団法人 消防試験研究センターが行っており、各都道府県に支部があります。
受験願書等は、消防局規制課又は各消防署でも配布しています。

≪お問い合わせ先≫
一般財団法人 消防試験研究センター 愛知県支部
名古屋市中区三の丸3-2-1 愛知県東大手庁舎6階
電話 052-962-1503(代表)

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
消防・防災  >  その他  >  消防その他
FAQ ID
539
更新日
2021年04月27日 (火)
アクセス数
310
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿