キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.市民税・県民税における仮特別徴収とは、どういうものですか 【市民税】

A.ご回答内容

公的年金からの特別徴収が開始される年(初年度)は、年金所得に係る税額の半分を普通徴収で1期、2期に納めていただき、残りの半分の税額が公的年金からの特別徴収になり、10月、12月、翌2月の公的年金から差し引かれます。
 しかし、公的年金からの特別徴収の2年目以降は、前年度の年金所得に係る税額の6分の1の税額を4月、6月、8月に支給される公的年金から特別徴収します。この4月から8月の特別徴収を仮特別徴収、その税額を仮特別徴収税額といいます。
 6月の通知では、10月、12月、2月の特別徴収税額、及び翌年の4月、6月、8月の仮特別徴収税額についても通知しています。


≪問合せ先≫
【住所のある区を担当する市税事務所個人市民税第一係または個人市民税第二係】

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
  >  市民税  >  市民税
FAQ ID
2475
更新日
2020年12月23日 (水)
アクセス数
173
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿