キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.どんな臓器が移植のために提供できますか。 【臓器移植】

A.ご回答内容

■臓器移植のために提供できる臓器
心臓や肺、肝臓、腎臓、膵臓(すい臓)、小腸、眼球(角膜)を提供していただくことができます。
※心臓や肺、肝臓、腎臓、膵臓(すい臓)、小腸、眼球(角膜)は、脳死後、移植のために提供していただくことができます。
※腎臓や膵臓(すい臓)、眼球(角膜)は、心臓が停止した死後でも、移植のために提供していただくことができます。
※参考:脳死とは
「脳死」とは、呼吸などを調節している脳幹といわれる部分も含めて脳全体の機能が停止し、もとには戻らない状態をいいます。
「脳死」は呼吸などが保たれている「植物状態」とは全く別のものです。脳死になると、自力では呼吸できません。また、痛みなどの刺激に対する反応もなくなり回復することはありません。人口呼吸器などの助けによって、しばらくは心臓を動かし続けることもできるのですが、やがては心臓も止まってしまいます。全死亡者のうち、脳死になるのは1%未満です。


≪お問い合わせ先≫
【健康福祉局保健医療課地域医療係】(電話:052-972-2623)

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
健康・医療・衛生  >  医療  >  臓器移植
FAQ ID
1544
更新日
2022年04月04日 (月)
アクセス数
426
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿