キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.家電リサイクル法対象機器(エアコン、テレビ、電気冷蔵庫・電気冷凍庫、電気洗濯機・衣類乾燥機)の処分方法について知りたい。 【リサイクル】

A.ご回答内容

「家電リサイクル法」に基づき、以下の家電製品は小売業者等により収集され、製造業者等によりリサイクルされることとなっています。市では収集を行っていません。 


≪対象品目≫
○エアコン
○テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)
○電気冷蔵庫・電気冷凍庫
○電気洗濯機・衣類乾燥機

≪引取り窓口≫
○買換えの場合(新しい製品を購入する販売店に収集を依頼してください。)
○いらなくなった場合(過去にその製品を購入した販売店に収集を依頼してください。)
○この他、メーカーが指定する「指定引取場所」へ直接搬入する方法や、お近くの家電販売店等へ収集を依頼する方法があります。

≪金額など≫
消費者が負担する費用は、メーカーが再商品化するための「リサイクル料金」と、回収のための「収集運搬料金」が必要となります。
 
○一般的なリサイクル料金(多くのメーカーが設定している金額であり、異なるリサイクル料金の場合もあります。詳細は環境局作業課までお問合せ下さい。)
●エアコン (900円または1,819円(税抜))
●テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)(大(16型以上)2,700円(税抜)、小(15型以下) 1,700円(税抜))
●電気冷蔵庫・電気冷凍庫(大(171リットル以上) 4,300円(税抜)、小(170リットル以下)3,400円(税抜))
●電気洗濯機・衣類乾燥機(2,300円(税抜))

○収集運搬料金(販売店ごとに設定されています。なお、「指定引取場所」に直接搬入する場合は必要ありません。)


≪注意事項≫
業務用専用機器は対象外です。

家電リサイクル法では、家庭用として製造・販売されているものだけが対象となります。業務用専用に製造され、一般家庭では使用されていない型式のものは含まれません。(例えば、店舗・業務用エアコン、ビル空調システム、業務用冷凍冷蔵庫、コインランドリー用洗濯機、ドライクリーニング用機器などがあります。これらは、メーカーや設置業者などにご相談ください。)


≪問合せ先≫
【環境局作業課】(電話 052-972-2394)

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
環境  >  リサイクル  >  リサイクル
FAQ ID
600
更新日
2021年04月10日 (土)
アクセス数
56
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿