キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.住民票の写しや戸籍全部(個人)事項証明書(戸籍謄抄本)は郵送請求できるか知りたい。

A.ご回答内容

郵便で以下の証明書を請求される場合は、証明書交付センターへご請求ください。
・住民票の写し
・住民票記載事項証明書
・戸(除)籍全部(個人)事項証明書(戸(除)籍謄抄本)
・改製原戸籍謄抄本
・戸籍の附票の写し
・身元証明書
・独身証明書
・婚姻要件具備証明書

≪取扱いの対象となる請求者≫
個人・民間業者・特定事務受任者・官公署等、すべての請求者の方が対象となります。

≪注意≫
※上記以外の証明書を請求される場合は、従来どおり該当の区役所・支所へご請求ください。
※婚姻要件具備証明書は、戸籍全部事項証明書を提示して本籍地を管轄する法務局でも取得できます。提出先の国によっては、区役所・支所の発行する証明書では認められない場合があります。

≪郵送での請求方法≫
■証明書交付センターへ次のものを郵送してください。

○申請書(詳細は次の≪申請書について≫を参照)
○返信用切手、返信用封筒(送付先住所・あて名を記入してください)
○手数料分の定額小為替(郵便局発行)、現金書留による送付も可能です。
 ※手数料はおつりのないようお願いします。
○代理での請求の場合は、本人からの委任状
○第三者からの請求の場合、請求理由を確認できるもの(契約書の写しなど)
○請求者の本人確認書類の写し(運転免許証や保険証などのコピー)

≪申請書について≫
■ホームページで申請書をダウンロードしていただくか、便箋等に次の必要事項を記入してください。

○「住民票(戸籍謄抄本)申請書」というタイトル
○請求者の住所、氏名、押印、昼間の連絡先
○必要な証明書の住所(戸籍の場合は本籍・筆頭者氏名)
○必要な人の氏名(できれば生年月日も)
○何が何通必要か(例:住民票1通、戸籍謄本1通)
○住民票が必要な場合は続柄の記載の有無、世帯全員の証明か一部の証明かの他、以下の項目の記載の有無
 ※日本人の場合
  ・本籍
 ※外国人の場合
  ・国籍、地域
  ・中長期在留者、特別永住者であること
  ・在留カード、特別永住者証明書の番号
  ・在留資格、在留期間、在留期間の満了の日
○使用目的(具体的に)
○必要とする内容(あれば)(例:○×市△町の住所が載ったもの、旧姓の記載)

≪郵送請求先≫
郵便番号 456-8502
名古屋市熱田区神宮三丁目1番15号
証明書交付センター

≪手数料≫
○住民票の写し 1通300円
○住民票記載事項証明書  1通300円
○戸籍全部(個人)事項証明書(戸籍謄抄本)  1通450円
○除籍謄抄本  1通750円
○戸籍の附票の写し  1通300円
○改製原戸籍謄抄本  1通750円
○身元証明書  1通300円
○独身証明書  1通300円
○婚姻要件具備証明書  1通300円

≪問合せ先≫
証明書交付センター
電話番号 052-683-9532

属性情報

人生の出来事
未設定
分類
届出・証明  >  その他  >  届出・証明その他
FAQ ID
2817
更新日
2020年12月23日 (水)
アクセス数
705
満足度
☆☆☆☆☆
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿